新着記事

メイクがキレイに長持ち!化粧崩れしない方法

last longer makeup-main
みなさんは、1日にどのくらい化粧直しをするでしょうか?重たい化粧ポーチを持って行って、日中、頻繁に化粧直しをしている人もいるのではないでしょうか?

メイクの重ね塗りは、肌への負担も増え、また見た目にも「厚化粧」しているように見えがちです。メイク直しの手間も考えると、なるべく、朝のきれいなメイク状態が長く続くほうがいいですよね。

朝のきれいなメイクがなるべく長持ちする、化粧崩れしない方法をご紹介します。
 

化粧崩れの原因は?

化粧崩れが起きる主な原因は皮脂、乾燥、汗です。顔の皮膚はいつも表に出ているので、環境の変化にさらされやすい部分です。夏場では汗で化粧がよれたり、冬場には乾燥で化粧のノリが悪くなることもあります。

そのため、化粧崩れしない方法の第一歩は、環境要因に負けない、土台になる健康な素肌。やはり基礎となる素肌が健康であればこそ、メイクも一層引き立つのです。
 

 

基本中の基本は、日々のスキンケア

日頃から化粧崩れしやすい人は、まず、毎日のスキンケアから見直してみましょう。健康な素肌は、やはりメイクのノリも良いのです。

last longer makeup1

スキンケアの基本は、メイクを落とすことから。クレンジングはしっかり落ちて、肌に負担のかからないものを選び、マッサージをしながら優しく落としましょう。(おすすめのクレンジングは、ダブル洗顔不要!なのに肌にやさしい、おすすめクレンジング をご覧ください。)

素肌に基礎化粧品をつける際は、乳液やクリームの量に注意しましょう。多すぎると過剰な皮脂の原因になるので、つけすぎないようにします。乾燥が気になる人は、乳液やクリームよりも、化粧水をたっぷりつけましょう。

そして、ファンデーションの持ちに大きく影響するのが化粧下地。ベースメイクを整える意味でも、化粧下地は高品質なものを選びましょう。(おすすめの化粧下地は、ファンデーションがきれいに長持ち!おすすめ化粧下地 をご覧ください。)
 

 

化粧崩れしないファンデーションとは?

メイクをきれいに長持ちさせるには、どんなファンデーションを選んだらいいのでしょうか?一般的に、化粧崩れしにくいと言われているのが、リキッドファンデーションです。パウダータイプに比べて保湿効果に優れているリキッドファンデーションは、余分な皮脂が浮きにくく、実はもっとも化粧崩れしにくいのです。

last longer makeup2

ファンデーションを乗せるコツは、厚塗りにしないこと。自分の肌色に合った、カバー力にすぐれたファンデーションを薄めに乗せるのが正解です。仕上げにルースパウダーをはたくと、透明感のあるサラサラ肌になれます。

外出先での化粧直しには、携帯にすぐれたパウダータイプのファンデーションがおすすめ。メイクを直す時は、全体的に塗り直さずに、気になる部分だけ直す程度でOKです。

化粧崩れしない方法は、スキンケアで素肌を整え、シンプルなメイクを心がけるという、とても基本的なステップの積み重ね。いつも化粧崩れなしの、さわやかな表情でいたいですね。
 

 
(Oasismedia)