新着記事

時差ボケにならないために、必要なたった1つのこと

あなたは、時差ボケを経験したことがありますか?たかが時差ボケ、されど時差ボケ。特に、日本と半日以上時差がある国へ行く時は、対策を間違えると、大切な会議中に眠たくなって困ったり、観光している間に気分が悪くなったり、せっかくの美味しい食事を戻してしまったり、かなり大変な目にあいます。

時差ボケ対策というと方角や、どうやって睡眠をコントロールするか、という話になりがちですが、最もシンプルで簡単な対策をご紹介しましょう。そのために知っておくべきことは、1つだけです。次の質問に答えてみてください。

「あなたは、飛行機の中でよく眠れますか?」

飛行機のイスに座ると、すぐに眠くなるという人、食事の後に眠くなるという人、寝ようと努力しても全く寝れない人、いろいろだと思います。実は、飛行機の中でどの程度睡眠が取れるのか、ということが、時差ボケ回避には、とても大切です。

「機内で熟睡できる」タイプの人は、フライトの時間を目的地の夜に持って来ましょう。つまり、現地時間の朝に到着する便にしておきます。機内で食事を食べ、ぐっすり眠って、朝起きたら、目的地に到着。第1日目から、元気良く活動できるはずです。

逆に「機内では、全く眠れない」という人は、現地時間の日中にフライトの時間を持って来ましょう。到着を、現地時間の夕方以降になる便にしておきます。眠れない人は、機内で消灯の時間になると、なんとか睡眠を取ろうと、いろいろ工夫しがちですが、無理はやめて、思い切って起きていましょう。

長いフライトの間、仕事をするもよし、読書をするもよし、ゲームや映画など、この時間を利用して、普段なかなかできないことをやってしまうのも手です。そうして、充実した時間を過ごした後、飛行機を降りると、もう夜。軽く夕食を食べて、シャワーを浴びれば、フライトの疲れもあって、ぐっすり寝れると思います。翌朝は、いつもよりも早く目が覚めて、はりきって予定がこなせるでしょう。

他の人の時差ボケ対策が、参考にならなかった経験がある人もいると思います。それは、人の睡眠には、それぞれ個性があるからです。自分の睡眠のタイプになるべく逆らわないことが、海を飛び越えても快適でいられる秘訣です。
 

(Oasis Japan)
 

コメントを投稿するにはログインしてください。