新着記事

本当に成功するダイエットで、もうリバウンドしない

暑い日が増えてきました。夏に向けて、洋服も薄着になりますし、水着を着る機会も出てきます。冬の間に体重が増えてしまった人は、「今のうちにダイエットしたい」と思っているのではないでしょうか?

太り気味の人にとって、ダイエットは簡単ではないようです。何度もダイエットに挑戦し、その度にストレスが溜まって、リバウンドしている人も多くいます。

実は、痩せている人から見ると、太っている人というのは、同じような行動を取っています。例えば、以下のような行動がないか、振り返ってみてください。
 

<1.とにかく、よく食べる>

太り気味で「ダイエット、ダイエット」と口癖のように言っている人ほど、その言葉とは裏腹に、本当によく食べる人が多いです。おそらく本人には、その自覚がないのでしょうが、痩せている人からみると、びっくりする量を食べています。あなたは、朝、昼、晩とガッツリ食事をしているにもかかわらず、ダラダラと間食をしていたり、仕事をしながら、ジュースをがぶ飲みしていないでしょうか?
 

<2.カロリーの消費量が少なすぎる>

人間が太るメカニズムは、とても単純です。摂取カロリーが消費カロリーよりも多いと、余った栄養分が、体のあちこちに脂肪として蓄えられます。

そんなに大食いでもないのに太るという人は、ちょっと楽をしすぎかもしれません。消費するカロリーを増やしてみましょう。運動をするのが一番良いですが、頭脳労働でもカロリーは消費されます。ダラダラTVを見ている時間をちょっと減らして、ブログを書いたり、何か作品を作ったり、集中してできる何かを見つけてみましょう。
 

<3.本当は痩せる気がない>

肥満とは、生活習慣が原因で起こるので、痩せたいのなら、生活習慣を変える必要があります。つまり、今と同じように、好きなものを好きなだけ食べ、家の中でゴロゴロとして過ごしたいなら、体型もそのままでしょう。

そもそも、太っている人は、痩せている人たちのことを「食べることを我慢している」と誤解しがちです。しかし、実際は、痩せている人は何も我慢していません。毎日、食べたいものを食べています。ただ、毎日摂取しているカロリーを、生活の中で消費しているだけなのです。

今、あなたが太り気味なら、「食欲」を抑えて摂取カロリーを減らし、何か新しいことをはじめて、消費カロリーを増やす、ということをやらなければなりません。それには、「痩せる」という決意と「やり遂げる」意思が必要です。あなたは、それが持てるのか、ダイエットを始める前に、自分に問いかけてみましょう。

コメントを投稿するにはログインしてください。