新着記事

緑茶の魅力を再発見する

日本人が1200年前から愛飲している緑茶。私たちにとっては、日常的な飲み物である緑茶ですが、今は、世界的にも注目される飲み物になりました。

当たり前すぎて、つい忘れがちになる緑茶の魅力をまとめてみました。

 

種類が豊富

緑茶の魅力の1つは、種類の豊富さです。製造方法や産地、品種、製造の時期や季節などによって香りや味が異なるお茶ができるので、選択肢が無数にあります。

greentea1

スッキリとした味わいが好きなら煎茶、苦みが少なく旨みのあるお茶が好きなら玉露、香ばしくてカフェインが少ないものが好みならほうじ茶、と好みやその日の気分に合わせて選ぶことができます。
 

 

美容と健康に効果大

最近注目されているのが、美容と健康へ効果。緑茶に含まれるカテキンには、体脂肪を燃焼させる効果があるので、肥満防止になるほか、免疫力のアップで、風邪の予防にもなります。さらに体内の酸化を防ぐので、エイジングケアの効果も期待できます。煎茶にはビタミンCが赤ピーマンの1.5倍含まれているので、シミや肌荒れを防ぐのにも役立ちます。
 

 

意外と知らない、緑茶のおいしい飲み方

緑茶は正しく入れると、渋くならずにもっとおいしくなります。番茶とほうじ茶以外の緑茶は、熱湯ではなく少し冷ましたお湯を使います。煎茶を入れる時には沸騰させたお湯を、保温ポットに移してから、人数分の茶碗に8分目注いで、70度ぐらいにまで冷ましてみましょう。いったん沸騰させたお湯は水質が軟化し、より美味しいお茶になります。

greentea2

茶葉の適切な量は、急須に1人当たりティースプーン1杯分。茶碗のお湯を急須に注いでから、1~2分待ちます。お茶を注ぐときは 「まわし注ぎ」という方法で、それぞれの茶碗に少しずつ注いでいき、量と味が均等になるようにします。

上手にいれたお茶は、思わずほっと一息つける、まろやかな美味しさです。たまには、ていねいに入れた緑茶で、ティータームを楽しむのもいいですよね。
 

(Oasismedia)