新着記事

「神の手」を持つ人達

5月29日から6月28日まで、東京の目黒雅叙園で「神の手●ニッポン展」が開催されます。それに先立ち、先日、記者発表が行われました。

外国人向けの英語記事のための取材だったので、レビューは英語になっていますが、もちろん日本人のみなさんにも見ていただきたい展覧会です。日本でしか見れないアートでもあります。

ビーズアーティスト、金谷美帆さん作、圧巻のビーズで織った着物は、「Great Japanese art – sensitive and gorgeous」をご欄下さい。

その他、本編に載せられなかった作品を、少しご紹介します。

貼り合わせではなく、すべて枚の紙からできています。By SouMa (立体切り絵アーティスト)

貼り合わせではなく、すべて1枚の紙からできています。By SouMa (立体切り絵アーティスト)(Photo by Oasis Japan)

これは、ミニチュアハウスの中です。信じられない完成度の高さ。By 島木英文(ミニチュアハウスアーティスト)

これ、ミニチュアハウスの中です。信じられない完成度の高さ。By 島木英文(ミニチュアハウスアーティスト)(Photo by Oasis Japan)

 

続きは、展覧会でじっくりご覧ください。

記者発表でも「せっかく日本に生まれたのだから」というお話がありました。「日本人」というのも、私たちの個性の一部。世の中が、どんどんグローバル化していく時だからこそ、大事にしたいですね。

「神の手」を持つ日本人アーティスト。右から、太田隆司さん(ペーパーアーティスト)、金谷美帆さん(ビーズアーティスト)、島木英文さん(ミニチュアハウスアーティスト)、SouMaさん(立体切り絵アーティスト)、HIROKOさん(ポップアップアーティスト)、山田卓司さん(ジオラマアーティスト)。

「神の手」を持つ日本人アーティスト。右から、太田隆司さん(ペーパーアーティスト)、金谷美帆さん(ビーズアーティスト)、島木英文さん(ミニチュアハウスアーティスト)、SouMaさん(立体切り絵アーティスト)、HIROKOさん(ポップアップアーティスト)、山田卓司さん(ジオラマアーティスト)。(Photo by Oasis Japan)


 

 
「神の手 ニッポン展」の詳細
https://www.megurogajoen.co.jp/event/kaminotenippon/
 

 

(Oasis Japan)
 

 

コメントを投稿するにはログインしてください。