新着記事

クリスマスマーケットへ行ってみよう!

クリスマスマーケットに行ったことはありますか?クリスマスマーケットとは、12月25日の前に、クリスマスの準備期間として各地で開かれる市場のこと。特に、ドイツ、オーストリアの広場で開かれるクリスマスマーケットは有名で、観光名所にもなっています。

現在、日本でも各地でクリスマスマーケットが開かれています。都内近郊で気軽にいけるマーケットをピックアップしてみました。仕事帰りや週末に、ふらっと行ってみるのもおすすめです。
 

 

北欧 CHRISTMAS MARKET in LAFORET

ラフォーレ原宿では、2015年12月17日(木)から12月25日(金)まで、「北欧 CHRISTMAS MARKET in LAFORET」が開催されます。

北欧のクリスマスグッズ、スイーツなど、今回初めてお目見えするブランドも含め、たくさんのおしゃれな北欧ブランドが集結。北欧アイテムのファンは見逃せないマーケットです。

Four Seasons SCANDINAVIAN DESIGN SHOP

関東初の出店となる Four Seasons SCANDINAVIAN DESIGN SHOP。フィンランド、スウェーデンを中心とした北欧雑貨が揃う。

北欧のライフスタイルを彩る、インテリア雑貨、キッチンアイテム、ステーショナリー、クリスマスグッズなど、普段なかなか日本では手に入りずらい商品も並びます。思わぬ掘出し物に出会えるのも、マーケットの楽しみですよね。

北欧アイテムを集めたNORDIC SELECT

北欧アイテムを集めたNORDIC SELECT(ノルディック セレクト)

グルメコーナーも充実。ノルウェー出身の画家、エドヴァルド・ムンクの代表作『叫び』をモチーフにした、CAFE MUNCH(カフェ ムンク)が期間限定で登場します。また、会場には『叫び』シリーズ全4種類のレプリカが一堂に集結し、圧巻の光景です。

CAFE MUNCH(カフェ ムンク)では、ムンクのラテアートも楽しめます。

CAFE MUNCH(カフェ ムンク)では、ムンクのラテアートも楽しめます。

12/17(木)の16:00からは、本場フィンランドのサンタクロースも登場。サンタクロースの生活や、お手伝いトントゥが作っているクリスマスグッズなどを、サンタクロース自ら紹介してくれます。
 

 

東京クリスマスマーケット

東京の日比谷公園では、本場ドイツの雰囲気が楽しめる「東京クリスマスマーケット2015」が12月25日まで開催中です。

ドイツの雰囲気をモチーフにした会場には、ヨーロッパのクリスマスマーケットでおなじみのクリスマス雑貨や、食べ物の屋台が軒を連ねます。

いちごのグリューワイン

いちごのグリューワイン

定番のシュトーレンやホットワインを食べながらマーケットを見て回るのは、クリスマスマーケットならではの楽しみです。

シュトーレン

シュトーレン

会場には、高さ約14mのクリスマスピラミッドが設置されています。このクリスマスピラミッドは、今回のイベントのために、ドイツからはるばる日本に運ばれた世界最大級のもの。ぜひ、見ておきたいですよね。

クリスマスピラミッド(写真はドイツのもの)

クリスマスピラミッド(写真はドイツのもの)

会場では、クリスマスオーナメントやキャンドル作りなどのワークショップ、ステージパフォーマンスもあります。
 

 

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫

横浜の赤レンガ倉庫では、今年で6回目となる「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」が12月25日まで開催中です。

akarenga-christmas-market1

こちらも本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気を再現。ホットワイン、シュトーレン、ソーセージ、バームクーヘン、ワッフルなどのフードメニューとともに、クリスマス雑貨などのお店が多数出店しています。

ストロベリー&Wチョコレートのワッフル

ストロベリー&Wチョコレートのワッフル

会場には、西野カナさんとコラボレーションしたクリスマスツリーも設置されています。横浜の夜景とクリスマスのイルミネーションを楽しんでみてくださいね。
 

 
(Oasismedia)