新着記事

まるでおとぎの国!一度は見ておきたい日本の花畑

春になると、鮮やかなお花を見たくなりますよね。日本の春というと、まずは桜が思い浮かびますが、桜だけではなく、外国にもひけをとらない、見事なお花畑が日本にもたくさんあるのです。

まるで、おとぎの国そのもの!と言いたくなるような、異次元の美しさを持つ日本の花畑をご紹介します。
 

国営ひたち海浜公園

茨城県にある、国営ひたち海浜公園は、広い園内の随所にたくさんの花畑があり、一年を通して様々な花を楽しむことができます。
Hitachi Seaside Park

なかでも人気なのが、4月下旬から5月中旬にかけて見頃をむかえるネモフィラ。園内のみはらしの丘が、ネモフィラで一面真っ青に染まります。どこまでも続く青い空と青い丘は、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだ気分になります。
 

 

あしかがフラワーパーク

栃木県のあしかがフラワーパークは、様々な季節の花と夜のイルミネーションを楽しめる場所として有名です。
Wisteria-flowers-tochigi
最近、春の名物「ふじの花」がCNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10ヶ所」に、日本で唯一ランクインしたことで、世界的に知名度が高くなりました。350本以上の藤の花がみれるのは、4月中旬から5月中旬にかけて。昼間はもちろんのこと、夜のライトアップされた藤も幻想的です。日本の名所の1つ、ぜひ見ておきたいですね。
 

<PR>
お得な国内旅行なら楽天トラベル

 

ファーム富田

北海道の富良野にある、ラベンダー畑「ファーム富田」では、春から秋にかけて、広大な敷地にラベンダーを始め、様々な花畑がみれます。
Furano
7月中旬から下旬に見頃を迎える、7色の鮮やかな花畑「彩りの畑」は、ファーム富田の代表的な花畑。ラベンダーの他、赤いポピーや白いカスミソウなどで構成されています。園内には、カフェもあり、北海道産のラベンダーソフトクリームもあります。
 

 

吉野山 千本桜

日本の桜名所の1つ、奈良県吉野山の千本桜。吉野山は、古来から日本人に「桜の名所」として親しまれてきた場所でもあります。
Yoshinoyama
約200種3万本の桜が密集しているので、春になると山全体が桜色に染まります。21世紀に入って、吉野山全体が世界遺産に登録され、世界的にも桜の名所になりました。桜の見頃は、毎年4月の初旬から下旬にかけて。日本でしか見れない桜色の山は、一度堪能しておきたいですね。
 

<PR>
日本最大級の宿・ホテル予約サイト じゃらんnet
icon

 

富士芝桜祭り

毎年4月中旬頃から5月下旬にかけて、山梨県の富士山のふもとで開かれる芝桜のお祭です。
Shibazakura festival
首都圏としては最大級の約80万本の芝桜が、富士山のふもとに広がる様子は、まさに圧巻。晴れの日には、真っ青な空と富士山、そしてピンクの芝桜の絨毯という絵画のような光景が見れます。初夏の前に、春気分を存分に満喫できます。
 

 
(Oasismedia)